top of page

武将の姿:「屋島」(後シテ)源義経の霊/面・装束一式

能「屋島」の後シテ(後半の主役)である「源義経の霊」がつける能面・装束一式です。戦いの姿を表していますが、演劇のように、リアルな鎧・兜をつけたりはしません。それが抽象的な表現方法を取る能らしいところです。能で、この姿で登場して来たら、「戦いの姿だ」と思ってください。

面:平太

321304460_932902980942059_1241157825898552267_n (1).jpg
321792844_1287041905410546_5106105982598667413_n (1).jpg
322675652_1393871107816239_1109051282118107463_n (1).jpg

装束:袷法被、半切、厚板平太

322982843_837501087482750_7437111890012366115_n (1).jpg

持ち物:勝修羅扇、太刀

322725637_861822718400841_6639377109455496769_n (1).jpg

冠り物:黒垂、梨子打烏帽子、白鉢巻

前へ

​次へ

bottom of page