top of page

小野小町の老若

能の中には、平安時代を代表する美しい才女・小野小町が登場する曲が数曲あります。しかし、その中で、若い時の姿で登場するのは「草子洗小町」だけ。他は、年老いてからの姿で登場する「老女物」ばかり。「老女物」は、小町が登場する曲に限らず、年を重ねた人間が到達する哲学的な境地を表現するものとして、能の中でも重要視されている。

小面 - 若い小町の役の面。「草子洗小町」で使います。

老女 - 年老いた小町の役の面。「関寺小町」などで使います。

前へ

bottom of page