top of page

鬼女の姿:「道成寺」(後シテ)鬼女/面・装束一式

能の曲の中で、よく知られた「道成寺」の後シテ(後半の主役)がつけるの能面・装束一式です。この曲では、鬼女のもとの姿である大蛇を暗示させる「鱗文様」が、装束に使われています。打ち杖は、「道成寺」に限らず、鬼女を象徴する持ち物です。

316621444_1617925045284659_5035047400475288159_n (1).jpg

面:「般若(赤)」

322223131_423721449894665_266981670693087828_n (1).jpg
322642860_493683366206330_8715074373026353868_n (1).jpg
321943830_5729446727131214_2349119373263780041_n (1).jpg

装束:赤地鱗摺箔、縫箔、鱗模様腰帯

321675777_1225816504709382_3083820188588233350_n (1).jpg

冠り物:赤頭

持ち物:打杖

前へ

​次へ

bottom of page